ネットワークビジネスはインターネット!?

はじめまして、このサイトを運営しています

牧 純平と申します。

兵庫県に住み、妻と5匹の愛犬の大家族と

毎日ドタバタ劇を繰り広げながら

パソコンの前で奮闘している、

まだまだ40代の青年です( ゚Д゚)


このサイトは

「ネットワークビジネス」と言うビジネスで

明るく楽しく、お金に余裕のある「老後」

セカンドライフを手に入れるための


わたしの経験を含めて

いろいろな情報をお届けするサイトとして立ち上げました。


ネットワークビジネスのはじめてのチャレンジ


「ネットワークビジネス」と聞くと

多くの方が「マルチでしょ~」と敬遠するのが普通ですよね。


わたしの場合は、はじめて「ネットワークビジネス」のことを

聞いたのが大学生の時で20歳になりたての頃でした。

その時の感想は、今でも鮮明に覚えています。



ネットワークビジネス 仲間


まだ社会に出ていない若者にとって

サークル感覚でワイワイやりながら楽しくお金を稼げて


気の合った友人と、手に入れたお金と時間で

思い存分人生を楽しめると感じました。


社会に出ると、こんな世界はまずない

朝早くにあわただしく出勤して

夜遅くにへとへとになって帰宅し

家族との会話もなく眠りにつく。


そんな生活スタイルは親父を見ていればわかっていました。

そんな思いで、

「ネットワークビジネス」の世界に飛び込んで行ってしまいました。


ネットワークビジネスの活動の時間は、有り余っていました。

お金はないけど、情熱と時間は持っていました。

ビジネスシステムの勉強や、商品デモンストレーションの練習に

日々明け暮れていました。


メンバー間の会報誌も作ったりしていましたね。

高校時代の仲間の多くはメンバーになりましたが

みんな私と同じく、持っているのは

時間と情熱だけ・・・。



ネットワークビジネス 情熱

3年経っても「サークル」って感じのままで

ビジネスになっていませんでした。


結局、大学卒業組がどんどん就職していくところを

横目に見ながら

わたしも社会に出る覚悟を決めて

「ネットワークビジネス」での成功をあきらめました。

ネットワークビジネスへのリベンジ


人生折り返し地点を過ぎて

わたしの人生をふと振り返ってみたとき

若いころに夢見ていたことは、

何も手に入れてないな・・・。


これから先、このままで

満足のいく生き方をしたと納得して

あの世に行けるのだろうか。


老後の生活も、これからの日本

私たち世代は悲惨なものとなることは

想像できます。


なにかしなくてはいけないと

常に思っていました。


かといって、今の生活スタイルを崩して

なにかにチャレンジする勇気はありませんでした。


やはり、「ネットワークビジネス」しか

わたしには思いつかなかったのです。

ネットワークビジネスの成功はインターネット!?



ネットワークビジネス インターネット


ネットワークビジネスをするのに必要なもの

[check]お金

[check]営業力

[check]人脈

ナイナイ ナイ!

お金なんて一番ナイ!


ネットワークビジネスに悪いイメージがあまりないわたしですが

ネットワークビジネスをやりたくてもできない理由が

この、3つのお金、営業力、人脈でした。


でも、安心してください!

これらがなくても何とかなるんですよ。

わたしがそうだったので言えます。


すこ~しのお金は経費として必要ですが

情熱さえあれば、時間のない人でも

スキマ時間を利用してできます。


ただし、「ネットワークビジネスはインターネットで」

間違っても、既存の口コミでやってしまったら

孤立してしまうかもしれませんよ。

プロジェクト - Drawing 1


興味を持たれている方は、資料請求してみて下さい。

こわがる必要はありません。

確かにわたしも初めはこわかったので

その気持ちは良くわかります。


資料請求は顔が見えない分

じっくり時間をかけて読んでいけます。

自分のペースでしっかり理解すればいいのです。

そして、納得できたら参加すればいいのです。


嘘や大げさなことを言って、強引に勧誘するようなことは

この業界ではないはずです。

なぜなら、本当に周りにいるような人たちが

参加されているからです。


わたしと同じように、「何とかしなくちゃ」と

思っていた人たちが多いのです。

同じ思いを持つ人たちが知恵をしぼりあって

活動しています。是非のぞいてみてください!


わたしの好きな言葉です。

やりたい事を先にするのではなく、やるべき事を先にやろう!

今、最も気になる情報をGET!

ネットワークビジネス キャッシュバック

あなたはどっち?いつものショッピングでポイントGETとキャッシュバック!


わたしは、どっちもGETです!

クリック
無料資料請求


2017年 ネットワークビジネス ランキング

順位会社名売上高(百万円)前年比(%)
1日本アムウェイ98,8992.1
2三基商事65,000
3フォーデイズ39,7423.7
4ニュースキンジャパン33,000▲4.0 
5ノエビア27,1034.8
6アシュラン24,900
7フォーエバーリビング19,600
8シャルレ18,8361.2
9ベルセレージュ本社18,5002.8
10モリンダジャパン18,000
11ナチュラリープラス16,485▲24.0
12モデーアジャパン16,000
13日本シャクリー11,1851.5
14高陽社10,000
15日本タッパーウェア8,000
15シャンデール8,000
17赤塚7,800
18グラントイーワンズ7,500▲11.8
19イオン化粧品6,910
20セプテムプロダクツ6,800▲9.0
21日健総本社6,400
22ロイヤル化粧品6,3008.5
23ネイチャーケアジャパン6,000
23サミットインターナショナル6,000
25アライヴン5,5000.0
26アイビー化粧品5,16315.0
27ニナファームジャポン5,0509.8
28ザ マイラ5,030▲2.0
29TIENS JAPAN(ティエンズ)4,8004.3
30YOSA(バイオクイーン)4,7006.6
31シナリー4,600
32ドテラジャパン4,56020.2
33ライフバンテージジャパン4,300
34ハーバライフ・オブ・ジャパン4,000
34ピュアクリスタル4,0000.0
36ペレ・グレイス3,6300.8
37エクスフューズジャパン3,4458.0
38グリーンプラネット3,400
39マナビス化粧品3,300▲0.2
40三和 株式会社3,0000.0
41アミン2,400
42サンテクレアール2,300
43ケイエスビー2,250
44シナジーワールドワイドジャパン2,22722.0
45ベガ(VEGA)2,1762.4
46イオスコーポレーション2,10021.0
47オードビー・ジャポン2,000
47ジュネスグローバル2,000
47アイスター商事2,000
47マナテックジャパン2,000
47M3(エムスリー)2,0000.0
52ローズライン1,800
53エックスワン1,750
53ハッピーファミリー1,750
55シェラバートン1,695
56カイアニジャパン1,600
57シー・エム・シー1,575▲3.4
58アトコントロール1,554▲23.0
59スターライズジャパン1,500
60ユニシティ・ジャパン1,400
61エヌエーシー1,3500.0
62エムジーエム1,300
62日本ベスト1,300▲7.1
64エコロインターナショナル1,25030.0
65GNLDインターナショナル1,24310.0
66IPSコスメティックス1,200
66スリーピース1,200100.0
66エムブラン1,2000.0
69国際友好交易1,004
70ウインライフ・ジャパン1,000
70マイフレンド1,000
70クレス薬品1,000
70フォーライフリサーチジャパン1,000
74ユニヴェール9870.0
75ウイズ900
76レインボー800
76ウィル・サーチ800
78ライラック7740.4
79ジョイ7320.7
80エコプライム700
80遊気創健美倶楽部700
80プロティオス700
83DNA(ディーエヌエー)600
83ピュアーライフ600
83AIM(エイム)6000.0
86参壽恵本舗 5977.0
87OriVis57011.8
88苔善560▲10.0
89ビー・エッチ・シー530▲10.6
90JM Ocean Avenue Japan520
91NIKKEN(ニッケン)500
91ユサナ・ヘルス・サイエンス5000.0
93アルペン総合研究所480
94アストーラ470
94ビィゴライフ4700.0
96ピュアスター45620.0
97セモア450
98ハンドライフリミテッド440
99エルブ400
99ラヴィ400
97ミューズ400
102スターリジャパン37020.0
103DNAジャパン360
104エポックモア350
105コンフィアンスモビリア340▲0.3
106クリエイション300
107フューチャーエナジー274▲20.0
108フォーチュンインターナショナル2500.0
109日本ビーエフ239▲4.6
110ツインズ200
111ミラクル160
112SEIKAN1500.0
113サンライダー・ジャパン・インク132

(2017年3月号 月刊ネットワークビジネスより)