ネットワークビジネスの商品は本物?いいものがあるはずがない・・・

ネットワークビジネス 商品 本物

大手検索サイトでネットワークビジネスの評判を調べてみると
このような意見がたくさん書かれています。

ウィキペディアによると、特定商取引に関する法律(とくていしょうとりひきにかんするほうりつ、昭和51年6月4日法律第57号)は、

訪問販売等、業者と消費者の間における紛争が生じやすい取引について、
勧誘行為の規制等、紛争を回避するための規制及び

クーリング・オフ制度等の紛争解決手続を設けることによって、
取引の公正性と消費者被害の防止を図る、日本の法律である。

略称は「特定商取引法」「特商法」。

その中で連鎖販売取引に関するものとして

連鎖販売取引(れんさはんばいとりひき)とは、特定商取引法第33条で定義される販売形態のこと。

日本では俗称としてマルチ商法、ネットワークビジネスなどと呼ばれることが多い。
英語では"Multi-level marketing"(マルチ、マルチレベルマーケティング、MLM)

あるいは"network marketing"(ネットワークマーケティング)と呼ばれる。
"Multi-level marketing"は(マーケティングのシステムではなく)多段階報酬システム、

"network marketing"は販売システムと使い分けていることがある。

連鎖販売取引と無限連鎖講は双方とも適用する法律が異なってはいるが、
「連鎖販売取引」の商材の価値が価格と大きくかけ離れているような場合は、

形式的には「連鎖販売取引」のようであっても、無限連鎖講と判断されることがある

(無限連鎖講については「無限連鎖講の防止に関する法律」参照)

日本にネットワークビジネスが上陸して40年余りが経過しています。
被害の状況に合わせて何度も法律が改訂され、このように厳しくなっています。

ですから、粗悪な商品を扱う会社が存在する事はありえないのです。
例えあったとしても5年以内に倒産してしまうでしょう。

商品は本物?

日本に上陸する企業の多くは欧米の企業ですが、みなさんもご存知の通り
米国は訴訟大国です。

そんな国で粗悪な商品を扱う行為がどのような結果になるのか
考えなくても分かりますよね。

米国で急成長し実績を上げての、日本上陸です、粗悪な商品なわけがありません。
批判される多くの方はよく調べもせずに、無責任に批判します。

それについては言っても仕方のないことですが、
現代と昔は違うということだけは言っておきます。

日本だけでなく、世界に躍進するネットワークビジネスの会社が扱う商品は
「本物」以外ありえないのです。

しかしながら、問題を起こす会社もあります、
納得いくまで調べることが大事です。

★関連記事★

【MLM】ネットワークビジネスの2度と失敗しない会社の選び方

【MLM】ネットワークビジネスの使う人と売る人の違い

【MLM】ネットワークビジネスの企業ランキングの嘘

【MLM】ネットワークビジネスの急成長(モメンタム)ランキング

【MLM】ネットワークビジネスのつぶれない会社が分かる秘密

【MLM】ネットワークビジネスの商品は本物?

【MLM】ネットワークビジネスの30秒で欲しくなる商品

【MLM】ネットワークビジネスが成功できないのはリーダーのせい

【MLM】ネットワークビジネス、自分に合った報酬プランを選ぼう

わたしたちのTEAMではインターネットで集客するネットワークビジネスを展開しています。

個人ではなかなか理解できないノウハウを分かりやすく、しかも無料で学べる環境を作り上げています、ネット集客のスキルを学びながら副業として稼げるノウハウを共有しています。

わたしたちが全力でフォローしますので、安心してください。

無料資料請求

ネットワークビジネスはインターネットで成功できる!

インターネットを使ってネットワークビジネスができる時代になりました!

でも、本当に成功するためには、ビジネスを正しく選ぶことが大切です。

次の3点をしっかりと確認しましょう。


①本当に何十年も続く権利的収入が得られる会社か?

インターネット ネットワークビジネス

ネットワークビジネスに参加する目的は、権利的収入を得ることです。
会社が潰れてしまっては、意味がありません。

そのためには、何十年と継続する強固な会社を選ぶ必要があります。

また、権利的収入が得やすい製品と報酬プランを選ぶことも大切です。


②効果と継続性のあるインターネットノウハウか?

インターネット ネットワークビジネス

インターネット展開というと、無料ブログやfacebookなどのSNSが思い浮かびますが、それだけでは上手くいきません。

無料ブログは基本、ネットワークビジネスが禁止です。また、SNSもビジネスに誘いたい人で飽和しています。一時的に上手くいっても、ダウンさんが続かなければ、ネットワークビジネスでは成功できません。

効果的かつ継続的に集客するためには、ポータルサイトをメインに、補助的に無料ブログやSNSを使う、これが正しいやり方です。


③アップラインのサポート体制は優れているか?

インターネット ネットワークビジネス

パソコン作業は、ひとつ分からないことがでてくると、次に進めなくなります。マニュアルを渡してハイ終わりではなく、親身なサポートが必要です。

このため、チームを選ぶときには、あなたをサポートしてくれるアップラインをしっかりと確認しましょう。

[check]インターネット展開を教えてくれる人が何人いるか?
[check]マンツーマンで教えてくれるか?
[check]トップリーダーはどんな人か?
[check]口コミでやりたい人が現れた場合にサポートできるか?

などを確認しましょう。


私たちの展開するビジネスの仕組みとチームの詳しい内容はこちら!

無料案内資料申し込み