ネットワークビジネスの需要

日本から製造業がなくなる!?


わたしは個人事業主として工作機の修理をしていますが、日頃から感じていることがあります。
このままで日本は大丈夫なのか、製造業がなくなりはしないか・・・と。

というのも、ここ最近リーマンショック以降ず~と景気が悪い状態が続いています。
メーカーも一生懸命で、少しでも利益を上げるためにコスト削減にいそしんでいます。

個人事業主・非正規社員のわたしの感じている不安、その1



コスト削減により製品の部品にたくさんの海外製品が使われるようになった。
今では主要な重要部品にまで使われています。
ここだけの話そのことを消費者は知りません。

今までの日本製部品は価格は10倍すれど高精度、高寿命で信頼できるものでした。
しかしコスト削減により、価格の低い見た目は同じ海外部品が使われるようになって、10年持つはずの部品が1年で交換というケースが少なくありません。

はっきり言って、海外の見た目は同じ部品の良さは価格だけです。
100円ショップで以前ネジを買ったことがありますが、日本製では考えられないものがありました。

ネジを締めるためのプラス型の穴があいてないのです、100円だったし、1本だけだったので笑ってすませましたが、日本製品ではあり得ません。
極端ですがこれが海外製品のレベルです。

個人事業主・非正規社員のわたしの感じている不安その2



工作機械の修理をしていると、海外に工場を建てるお客様が多くなってきていることに気づきます。
これもコスト削減に貢献していると思いますが、人件費の削減が目的となっているのでしょうか。

海外に工場を建てるということは、日本の技術も流出しているのです。
今はまだ100均のネジレベルですが、10年もしないうちにレベルは上がってくると思います。

かつての日本の優秀な技術者の多くは定年退職しています。
そして今は海外で技術指導をかねて働いている人がいます。
このような人を悪く言うわけではありませんが、確実に日本の技術が海外に奪われていっています。

ひょっとすると10年またなくても日本製品を上回る技術を得るかもしれません。

自動車業界を筆頭に、電気関係、アパレル業界と、どんどん海外へ製造業が流れています。
今はまだ働けていますが、不安でなりません。

技術大国のドイツでは産業のグローバル化が日本より進んでいます。


日本より早くに海外へ展開しているドイツはリーマンショック以降 景気は悪化するものの回復しています。
雇用も確保できているようです。

ドイツ製品のすごさは工作機械にもみられます、こまかく言うとスペースが足りないほどですが、日本より高い技術とそれを守る術を持っています。

それを見るとわたしの不安は、思い過ごしなのかもしれません。

かのメルセデスベンツも北米やアフリカに工場をもっていますし、考えすぎかもしれませんね。

自動車工場

どうも工作機械にばかりとらわれ過ぎているのか、最近の機械はだれでも簡単に精密な部品を作ることが出来るようになっているので、素人目には全く違いが判らないほどです。

だから海外で同じものができるようになれば人権費の高い日本では製造業がこれ以上発展しないように感じるのです。

日本もドイツのようにあってほしいものですが、いまだ景気の回復の兆しが見えてきません。

万が一ドイツのようにならなかったら、あわててもどうしょうもありません。

その時はその時だと楽天的に生きたいものですが、わたしにはできません。

日本も海外へ展開していますが、同時に技術を守る方法が確率できていなければ、 ドイツのようにはいかないのではないでしょうか。

個人事業主・非正規社員にとって最適な収入源

サラリーマンと違い、個人事業主・非正規社員の保証は、会社からも、国からもありません。
頼れるのは自分自身しかいないのです。

それは言わなくても十分わかっていると思いますが、充分に万が一の保証の準備ができている人は私を含めあまりいないのではないでしょうか。

個人事業主・非正規社員のわたしは万が一のために少しずつ、なにかを変えていく必要があると思い まずは在宅副業のネットワークビジネスに参加しています。

どうせたいした老後は待っていませんから、1月に1回開くか開かないかのパソコンを、今はフル活用してコツコツはげんでいます。

インターネット環境さえあればほとんど活動費は必要ありません。なにかを変えるには一番リスクが少ないと思います。

少しずつのために資料を是非見ていただくことをお勧めします。

★★関連記事はこちら↓★★


ネットワークビジネスはインターネットで成功できる!

インターネットを使ってネットワークビジネスができる時代になりました!

でも、本当に成功するためには、ビジネスを正しく選ぶことが大切です。

次の3点をしっかりと確認しましょう。


①本当に何十年も続く権利的収入が得られる会社か?

インターネット ネットワークビジネス

ネットワークビジネスに参加する目的は、権利的収入を得ることです。
会社が潰れてしまっては、意味がありません。

そのためには、何十年と継続する強固な会社を選ぶ必要があります。

また、権利的収入が得やすい製品と報酬プランを選ぶことも大切です。


②効果と継続性のあるインターネットノウハウか?

インターネット ネットワークビジネス

インターネット展開というと、無料ブログやfacebookなどのSNSが思い浮かびますが、それだけでは上手くいきません。

無料ブログは基本、ネットワークビジネスが禁止です。また、SNSもビジネスに誘いたい人で飽和しています。一時的に上手くいっても、ダウンさんが続かなければ、ネットワークビジネスでは成功できません。

効果的かつ継続的に集客するためには、ポータルサイトをメインに、補助的に無料ブログやSNSを使う、これが正しいやり方です。


③アップラインのサポート体制は優れているか?

インターネット ネットワークビジネス

パソコン作業は、ひとつ分からないことがでてくると、次に進めなくなります。マニュアルを渡してハイ終わりではなく、親身なサポートが必要です。

このため、チームを選ぶときには、あなたをサポートしてくれるアップラインをしっかりと確認しましょう。

[check]インターネット展開を教えてくれる人が何人いるか?
[check]マンツーマンで教えてくれるか?
[check]トップリーダーはどんな人か?
[check]口コミでやりたい人が現れた場合にサポートできるか?

などを確認しましょう。


私たちの展開するビジネスの仕組みとチームの詳しい内容はこちら!

無料案内資料申し込み