ネットワークビジネスをインターネットで集客する方法の、強引な勧誘に対する被害について検証します

  • 何時間もかけて説得され続け、あやうくサインさせられそうになった。
  • 社会的な上下関係を利用して、なかば強引にサインさせられてしまった。
  • 登録するだけで、あとは何もしなくても儲かるからと言われたが、実際何もおきない。
  • 男女関係をちらつかせて、うまく乗せられた。

これらは、ネットワークビジネスの強引な勧誘による被害や苦情で多いケースです。
ネットワークビジネスをインターネットで集客する方法でこのようなトラブルは起きるのでしょうか。

そもそも情報端末を介して、あくまでネットワークビジネスの情報発信サイトとして運営されており、サイトでの特定の会社名をうたっての勧誘活動はしていません。

一部、活動を合法として活動している企業もあります。
基本的には特定商取引に関する法律により禁止している会社がほとんどとなっています。

特定商取引に関する法律 特定電子メールの送信の適正化等

特定電子メールの送信の適正化等に関する法律は、無差別かつ大量に短時間の内に送信される広告などといった迷惑メール、チェーンメールなどを規制し、インターネットなどを良好な環境に保つ為に施行された、日本における法律。

規制対象

営利団体や個人事業者が自己又は他人の営業につき広告又は宣伝を行うための手段として送信するメールを「特定電子メール」と定義している(2条2号)。

これには日本国内からの送信だけでなく、国内への送信のすべてを含むため、国外発国内着のメールであっても規制の対象になりうる。

なお、特定商取引に関する法律でも、メールの規制があるが取引形態や商品などの限定があるため、本法の方が規制範囲は広い。

以下の者以外に対して特定電子メールを送信することは禁止される(3条1項)。

あらかじめ、特定電子メールの送信をするように求める旨または送信をすることに同意する旨を送信者または送信委託者に対し通知した者

自己の電子メールアドレスを送信者または送信委託者に対し通知した者

その広告または宣伝に係る営業を営む者と取引関係にある者

その他総務省令で定めるところにより、自己の電子メールアドレスを公表している団体 または営業を営む個人

上記の例外に該当する場合であっても、受信者が送信の停止を求めた場合は、その意思に反して特定電子メールを送信することは原則禁止される。

なお、法における規制対象の電子メールは、次の通信方式によるものである(同法施行規則)

「その全部又は一部においてシンプルメールトランスファープロトコルが用いられる通信方式」 - いわゆるe-mailのうちSMTP(またはそれを含む方式)によるもの。

「携帯して使用する通信端末機器に、電話番号を送受信のために用いて通信文その他の情報を伝達する通信方式」 - SMSメッセージなどがこれに当たる。

送信者の表示義務

特定電子メールを送信する者は、受信者の端末上で次の項目が正しく表示されるようにしなければならない(第4条)。

送信者の氏名または名称

受信拒否の通知を受け取る為の送信者の電子メールアドレス等

受信拒否をした者への再送信は禁止

その他総務省令で定める事項

自己または他人の営業を目的とした「架空電子メールアドレス」への多数メール送信は禁止(第6条)されている。

未承諾者に対する電子メール広告の提供の禁止(法第36条の3)

消費者があらかじめ承諾しない限り、統括者、勧誘者または一般連鎖販売業者は連鎖販売取引電子メール広告を送信することを、原則禁止しています。(オプトイン規制)

この規制は、連鎖販売事業者のみならず、連鎖販売取引電子メール広告受託事業者も対象となります。したがって、当該電子メール広告の提供について、消費者から承諾や請求を受けた場合は、最後に電子メール広告を送信した日から3年間、その承諾や請求があった記録を保存することが必要です。

以下のような場合は、規制の対象外となります。

1)「契約の成立」「注文確認」「発送通知」などに付随した広告

契約内容や契約履行に関する通知など「重要な事項」を通知するメールの一部に広告が含まれる場合

2)メルマガに付随した広告

消費者からの請求や承諾を得て送信する電子メール広告の一部に広告を記載する場合

3)フリーメール等に付随した広告

インターネット上で、無料でメールアドレスを取得できるサービスで、無料の条件として、利用者がそのアドレスからメールを送ると、当該メールに広告が記載されるものなどの一部に広告を記載する場合。



このように、法律できびしく規制されているので、しつこい勧誘は処罰の対象になるのため絶対にありえないのです。

それまでに作り上げたものが全て無くなってしまうリスクを負ってまで、しつこくつきまとう理由がありません。

ネットワークビジネスをインターネットで集客する方法では、来て欲しくない人がいるのです。

嫌がる人は追いかけません、一生懸命やろうとしている本気の人に来てもらいたいのです。
だから、反応のうすい人には情熱をそそがないのです。

手当たり次第に勧誘しているように見えますが、実際はものすごく合理的に非見込み客の排除をしているのです。

そこが、口コミによるネットワークビジネスとの決定的な違いになります。

口コミの場合、こちらの一方的な感情や思い込みがあるので、なんとか理解してもらおうと必死になってしまいます。

結果、気付いたら問題になっていたということになるのです。

検証の結果・・・ネットワークビジネスをインターネットで集客する方法で、強引な勧誘による被害や苦情は、限りなく0です。

口コミによる勧誘は、気付かないうちに被害や苦情になりうる可能性があります。

次回は、③ネットワークビジネスをインターネットで集客する方法の、不実の告知による被害
を検証します。

わたしたちのTEAMではインターネットで集客するネットワークビジネスを展開しています。

個人ではなかなか理解できないノウハウを分かりやすく、しかも無料で学べる環境を作り上げています、ネット集客のスキルを学びながら副業として稼げるノウハウを共有しています。

わたしたちが全力でフォローしますので、安心してください。

無料資料請求

ネットワークビジネスはインターネットで成功できる!

インターネットを使ってネットワークビジネスができる時代になりました!

でも、本当に成功するためには、ビジネスを正しく選ぶことが大切です。

次の3点をしっかりと確認しましょう。


①本当に何十年も続く権利的収入が得られる会社か?

インターネット ネットワークビジネス

ネットワークビジネスに参加する目的は、権利的収入を得ることです。
会社が潰れてしまっては、意味がありません。

そのためには、何十年と継続する強固な会社を選ぶ必要があります。

また、権利的収入が得やすい製品と報酬プランを選ぶことも大切です。


②効果と継続性のあるインターネットノウハウか?

インターネット ネットワークビジネス

インターネット展開というと、無料ブログやfacebookなどのSNSが思い浮かびますが、それだけでは上手くいきません。

無料ブログは基本、ネットワークビジネスが禁止です。また、SNSもビジネスに誘いたい人で飽和しています。一時的に上手くいっても、ダウンさんが続かなければ、ネットワークビジネスでは成功できません。

効果的かつ継続的に集客するためには、ポータルサイトをメインに、補助的に無料ブログやSNSを使う、これが正しいやり方です。


③アップラインのサポート体制は優れているか?

インターネット ネットワークビジネス

パソコン作業は、ひとつ分からないことがでてくると、次に進めなくなります。マニュアルを渡してハイ終わりではなく、親身なサポートが必要です。

このため、チームを選ぶときには、あなたをサポートしてくれるアップラインをしっかりと確認しましょう。

[check]インターネット展開を教えてくれる人が何人いるか?
[check]マンツーマンで教えてくれるか?
[check]トップリーダーはどんな人か?
[check]口コミでやりたい人が現れた場合にサポートできるか?

などを確認しましょう。


私たちの展開するビジネスの仕組みとチームの詳しい内容はこちら!

無料案内資料申し込み