副業を個人事業主として申告するメリットとは

aroundr,個人事業主 副業 メリット

サラリーマンが個人事業主として副業を取り入れるメリットは

副業の年間所得が20万円を超える場合から、個人事業主として開業する

メリットが発生します。

青色申告による確定申告をすると(前もって届け出が必要)

サラリーマンの所得と損益を合算して経費の控除ができます。

経費が多く副業の所得を上回る赤字になっても

サラリーマンの所得から経費の控除ができ

所得税が還付されます。

開業届には屋号を記入する欄があり、屋号を決めると屋号で銀行口座も開設できます。

領収書の宛名は屋号にすることで、経費として所得から控除できます。

在宅副業の場合、部屋の家賃も、光熱費も使っている割合分は経費です。

デメリットとしては

年間所得が20万円以下でも、確定申告は必要となります。

税理士に依頼しない場合、自分で確定申告する必要があります。

開業届を提出した場合、個人事業主は雇用保険の加入ができないため

失業しても、失業保険はもらえません。

個人事業主が副業を取り入れるメリットとは

目的により変わってきます。

[check]収入が落ち込んでしまい、すぐにお金が必要。

[check]将来のための準備、収入源を増やしたい。

すぐにお金が欲しい場合、ローリスクで稼ぐなら

労働による収入を得ることが一番です。

大金は稼げませんが、リスクは少なく確実です。

デメリットは、肉体労働では本業に差支えがあるかもしれません。

すぐに稼ぐための方法は

インターネットに山ほど情報が出ていますが

今のところ、信じられるようなものはありません。


インターネット 副業

将来のため、万が一のために、収入源を多角的に増やすため

であれば、インターネットでの副業がおすすめです。

長期的なプランをたてて、本業が不振であっても

収入を獲得できるようにしておくことは

雇用保険に加入するよりもメリットが大きいです。

権利収入ならなおさら、お金を作り続けてくれます。

デメリットはすぐにお金にならないところです。

先を見てお金にならない作業をする場合が多く

目的を見失ってしまい、あきらめる人が多く

学ぶことを理解したうえで取り組む覚悟が必要です。

また、インターネットで副業を選ぶ場合

初期費用の金額、時間の制約、スキルの必要性など

自分に合ったものを選びましょう。

何度も言いますが、簡単なすぐに稼げる仕事は

インターネットの世界といえども、ありえないことを

知っておいてください。

★★関連記事はこちら↓★★


ネットワークビジネスはインターネット&在宅で成功できる時代です!

ネットワークビジネスはインターネットで成功できる!

インターネットを使ってネットワークビジネスができる時代になりました!

でも、本当に成功するためには、ビジネスを正しく選ぶことが大切です。

次の3点をしっかりと確認しましょう。


①本当に何十年も続く権利的収入が得られる会社か?

インターネット ネットワークビジネス

ネットワークビジネスに参加する目的は、権利的収入を得ることです。
会社が潰れてしまっては、意味がありません。

そのためには、何十年と継続する強固な会社を選ぶ必要があります。

また、権利的収入が得やすい製品と報酬プランを選ぶことも大切です。


②効果と継続性のあるインターネットノウハウか?

インターネット ネットワークビジネス

インターネット展開というと、無料ブログやfacebookなどのSNSが思い浮かびますが、それだけでは上手くいきません。

無料ブログは基本、ネットワークビジネスが禁止です。また、SNSもビジネスに誘いたい人で飽和しています。一時的に上手くいっても、ダウンさんが続かなければ、ネットワークビジネスでは成功できません。

効果的かつ継続的に集客するためには、ポータルサイトをメインに、補助的に無料ブログやSNSを使う、これが正しいやり方です。


③アップラインのサポート体制は優れているか?

インターネット ネットワークビジネス

パソコン作業は、ひとつ分からないことがでてくると、次に進めなくなります。マニュアルを渡してハイ終わりではなく、親身なサポートが必要です。

このため、チームを選ぶときには、あなたをサポートしてくれるアップラインをしっかりと確認しましょう。

[check]インターネット展開を教えてくれる人が何人いるか?
[check]マンツーマンで教えてくれるか?
[check]トップリーダーはどんな人か?
[check]口コミでやりたい人が現れた場合にサポートできるか?

などを確認しましょう。


私たちの展開するビジネスの仕組みとチームの詳しい内容はこちら!