退職給付(一時金・年金)制度がある企業について

厚生労働省による退職金の支給の実態について
数年おきに調査されている資料から見ていくと。

退職給付(一時金・年金)制度がある企業

平成9年88.9%
平成15年86.7%
平成20年85.3%

企業規模別の割合

1,000人以上93.6%
300~999人89.4%
100~299人82.0%
30~99人72.0%

規模が大きいほど退職給付(一時金・年金)制度がある
企業割合が高くなっています。

しかし、退職給付(一時金・年金)制度がある企業の割合は、
2000年代に入り徐々に減少し2013年には

75.5%となっており

24.5%の企業が、退職給付(一時金・年金)制度がない
ということになります。

つまり、4人に1人が退職金がない労働形態に
従事しているということです。

調査対象は「本社の常用労働者が30人以上の民営企業」から
平成20年からは「常用労働者が30人以上の民営企業」に広げられています。

ですが、常用労働者が30人以下の民営企業は調査の対象ではありません、
ですから実際はもっと多くの人が退職金がもらえない
労働スタイルかもしれませんね。

退職金 豊か リタイヤ生活

退職金とは

退職した労働者に支払われる慰労金であり、
労働による対価として支払われる賃金とは違い

経営者の判断、裁量により支払われる金銭となっています。

退職金制度については法的義務はなく
制度を設けていなくても、違法ではありません。

終身雇用が当たり前の時代は、定年まで働けるよう
賃金の後払い的なイメージがありましたが、

最近では、退職金制度の廃止、制度の見直しをする
企業が増加しているようです。

ちなみに

退職一時金制度の保全措置の状況

退職一時金制度のみの企業のうち、
支払準備形態が社内準備のみの企業について、

保全措置の有無をみると、
保全措置を講じている企業割合は
16.7%となっています。

保全措置を講じていない企業は
83.3%となっており、

うち保全措置を講じないことについて
労使協定を締結している企業割合は、
2.3%となっています。

状況によっては
もらえない可能性もあるということですよね。

個人事業主や非正規社員の退職金は

小規模事業者の現状と課題について
平成25年9月 中小企業庁調べの資料によると

中小企業全体で約420万社のうち、約366万社(87% )が小規模企業。
中小企業の個人事業者は243万者(58%)、会社は178万社(42%)。
中小企業全体の従業者数は、約2,834万人。そのうち、約912万人(32%)が小規模企業の従業者数。

非正規社員の人数はこの資料からは見て取れませんが
個人事業主の人数は約240万人となっています。

個人事業主は残念ながら退職金はありません。
当たり前ですよね。

豊かなリタイヤ生活を手に入れるために

売り上げ、業績の不振により個人事業主の状況は
年々悪くなっています。

日々の生活のために精一杯なのに
老後のために貯金できている人は少ないと思います。

夫婦2人で老後を考えてみるとします。

リタイヤ後25年間の生活費が(20万円×12か月×25年)約6000万円必要と言われています。
生活費すべてで20万円としての計算です。
ここから、光熱費や税金もかかります、住宅ローンが残っていたらもっと大変です。

サラリーマンみたいに厚生年金が貰えるとしても
老後25年間の生活費に最低でも3000万円くらい必要と言われています。

それならと、国民年金に追加で国民年金基金に加入するとします。


月に1人約2.5万円、夫婦2人で約5万円の追加負担で、

国民年金と合わせると約8万円の保険料を毎月払います。


受給は国民年金基金分は65歳からで、

夫婦2人で国民年金と合わせてやっと約21万円になります。

わたしの場合は、これでは到底足りません。
資産がないので、資産運用して増やすこともできません。

退職金 なくても 豊かな リタイヤ生活 手に入れる 方法'

豊かなリタイヤ生活のための資産づくり

今やインターネット上にあふれんばかりの
稼げる情報が発信されています。

うさん臭いものもたくさんあり
だまされてしまった人もいるでしょう。

わたしが真剣に調べつくした結果
少ない資本で、人脈もいらなくて、なおかつ

時間の制約がない方法

それが在宅副業のネットで集客するネットワークビジネスです。

これなら、豊かなリタイヤ生活を手に入れることができます。
ひょっとすると、もっと早くに

豊かな生活を手に入れることができるかもしれません。

詳しくは、サイトを見て回って下さい。

【ご参考資料】
退職給付(一時金・年金)の支給実態
(厚生労働省ホームページ)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/08/3d.html

★★関連記事はこちら↓★★


ネットワークビジネスはインターネット&在宅で成功できる時代です!

わたしたちのTEAMではインターネットで集客するネットワークビジネスを展開しています。

個人ではなかなか理解できないノウハウを分かりやすく、しかも無料で学べる環境を作り上げています、ネット集客のスキルを学びながら副業として稼げるノウハウを共有しています。

わたしたちが全力でフォローしますので、安心してください。

無料資料請求

ネットワークビジネスはインターネットで成功できる!

インターネットを使ってネットワークビジネスができる時代になりました!

でも、本当に成功するためには、ビジネスを正しく選ぶことが大切です。

次の3点をしっかりと確認しましょう。


①本当に何十年も続く権利的収入が得られる会社か?

インターネット ネットワークビジネス

ネットワークビジネスに参加する目的は、権利的収入を得ることです。
会社が潰れてしまっては、意味がありません。

そのためには、何十年と継続する強固な会社を選ぶ必要があります。

また、権利的収入が得やすい製品と報酬プランを選ぶことも大切です。


②効果と継続性のあるインターネットノウハウか?

インターネット ネットワークビジネス

インターネット展開というと、無料ブログやfacebookなどのSNSが思い浮かびますが、それだけでは上手くいきません。

無料ブログは基本、ネットワークビジネスが禁止です。また、SNSもビジネスに誘いたい人で飽和しています。一時的に上手くいっても、ダウンさんが続かなければ、ネットワークビジネスでは成功できません。

効果的かつ継続的に集客するためには、ポータルサイトをメインに、補助的に無料ブログやSNSを使う、これが正しいやり方です。


③アップラインのサポート体制は優れているか?

インターネット ネットワークビジネス

パソコン作業は、ひとつ分からないことがでてくると、次に進めなくなります。マニュアルを渡してハイ終わりではなく、親身なサポートが必要です。

このため、チームを選ぶときには、あなたをサポートしてくれるアップラインをしっかりと確認しましょう。

[check]インターネット展開を教えてくれる人が何人いるか?
[check]マンツーマンで教えてくれるか?
[check]トップリーダーはどんな人か?
[check]口コミでやりたい人が現れた場合にサポートできるか?

などを確認しましょう。


私たちの展開するビジネスの仕組みとチームの詳しい内容はこちら!

無料案内資料申し込み